業務委託で知っておくべきこと

業務委託で働きたい・自由に過ごしていきたいという希望を持つ人は、非常に多いものです。このような人の中には、自分で自由に働けるという意見を持っている人もいるでしょう。しかし、その一方でさまざまな制度を知っている人の方が業務委託に向いているという傾向は否定できません。
例えば、業務委託で働けば源泉徴収が行われます。源泉徴収は、IT系の場合はデザイン・イラストレーション・ライティング・コンテンツ制作などの場合に行われるのです。ただし、それ以外のシステム管理や構築・プログラミングやコーディングなどの作業では行われません。このため、まずはそのような違いを知っているかどうかということが大事といえます。このような制度を知っているか知っていないかによっても、大きな違いが生まれるのです。
源泉徴収で引かれたものは、国に納税されます。その後に翌年の確定申告をして一年間の収入と所得が確定すれば、その後に戻ってくる可能性も高いのです。特に、還付されるものは大きく、人によっては数万円から数十万円程度になることもあるでしょう。それぞれ個人で働き収益が高い人ほど、戻ってくる可能性も高くなっています。しかし、そのためには経費計算や経費となるもの・ならないものなどの知識も必要です。また、税制は毎年変更がなされるので、そのような動きにもある程度敏感にならなくてはなりません。
とはいえ、このような基本的な納税についてのことや確定申告などについて基本的な知識をみにつけ・学習し・定期的に知識を更新できる人は、業務委託で働くのに向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です