源泉徴収はされないケースとは

業務委託はアウトソーシングとも呼ばれているもので、請負契約に当たります。そのため、そうした場合の報酬支払いには、所得税の源泉徴収はなされません。
フリーランスとして仕事をしている人は税務上で個人事業者として扱われているので、ほとんどの人が青色申告によって税金の確定申告を行っています。よって、仕事を探す際は臨時雇用の従業員として契約するか、業務委託業者としての請負契約を結ぶのかによって、その支払報酬に対する源泉徴収の有無といった違いが生じてくることになるのです。従って、仕事を探して契約を結ぶ場合は、このどちらの立場で契約を結べば税務上で有利になるのか、よく考えておく必要があるでしょう。
もっとも、何らかの原稿を書いたり翻訳をしたりといった文筆に当たる職種であれば、雇用関係ではない契約による仕事であっても、所得税法によって源泉徴収がなされることになっています。このため、小説家や翻訳家といった仕事をしている人の場合は、その原稿料や翻訳料に対して源泉による所得税の徴収が行われることになっているのです。さらには、俳優や歌手・演奏家・舞踏家といった出演料報酬で生計をたてている人も、これもまた所得税法による源泉の対象とされています。
このような仕事を目指している人は、税務上の規定というものについてもよく知っておくことが必要です。フリーランスになりたいと考えているのであれば、法的な知識も身につけておきましょう。もっと詳しく⇒〈http://taxholding-torisetsu.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です